忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT

【福島母親殺害】少年「もっとバラバラにするつもりだった」

福島県会津若松市の高校3年の少年(17)が母親(47)を殺害した事件で、
少年がネットカフェに立ち寄って県警会津若松署に自首する前に「カラオケ店に行った」と
供述していることが分かった。
また、母親の遺体について、「もっとバラバラにするつもりだったが、ノコギリで切断する音が大きく、
(同居の)弟に気づかれると思ってやめた
」と話していることも判明。
県警は少年が供述した殺害後の行動の裏付けを取るとともに、動機の解明を進める。

調べでは、少年は15日未明に母親をアパートで殺害後、頭部と右腕を切断し、
会員制ネットカフェで約2時間、ラップグループのDVDを見た後で早朝に自首した。
県警が当日の行動について少年にさらに聞いたところ、
「ネットカフェに立ち寄る前にカラオケ店に行った」と話したという。
カラオケ店から直接ネットカフェに行ったかは不明で、
ネットカフェと同様に頭部を入れたバッグを持参していたかは今後、調べる。

また、遺体を切断した時の状況について、「ノコギリの音が(思ったより)大きかった」と話している。
「もっとバラバラにするつもりだった」などとも話しているが、
親元を離れ、同市内の別の高校に通う弟と2人でアパートで暮らしていることから、
「弟に気づかれると思ってやめた」と説明。
さらに、「(殺害するのは)弟でも良かったが、たまたま母親が泊まりに来た」とも話しているという。


弟は家にいたんですね……。同じ屋根の下で殺人事件が起こっていたのに気づかないほど
眠っていたのでしょうか。ううむ。

自首する前の行動が少し明らかになりました。カラオケ店に行っていたようで。
殺害した後で(ネットカフェを含め)気晴らしをしたのでしょうか。

もしかすると弟までも殺されていたかもしれません……。
PR
≪  149  148  147  146  145  144  143  142  141  140  139  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
母親の切断頭部持ち自首〜会津若松の高3生〜
なんとも猟奇的で残忍な尊属殺人事件が起きてしまいました。 福島県会津若松市で、5月15日午前7時ごろ、高3男子が「母親を殺した」と会津若松署に切断された人間の頭部を入れたバッグ持って自首。会津若松署員が少年の住むアパートを確認したところ、頭部のない女性の遺体....
URL 2007/05/22(Tue)19:43:06
≪母親殺害≫会津若松の頭部切断事件
今日の昼のニュースで知ったこの事件 お弁当を前にして いきなり頭部持って出頭のニュースは・・・・・きつかった。 淡々と話、食事もちゃんと取ってるという こういう狂気的な殺人事件の後 母親を殺して・・・・ 心のシャッターを下ろしてしまってるのだろうか 2ちゃ
URL 2007/05/22(Tue)22:51:22
福島 会津若松 母親殺害事件 【続報】本当は、弟を殺害予定だ...
<福島 会津若松 母親殺害事件【続報】「弟殺そうと凶器準備」高3が供述、母はたまたま訪問>福島県会津若松市で、県立葵高校3年の栗田恭平(17)が母親(47)を殺害した事件で、会津若松署の調べに、生徒は「弟を殺そうと思って、凶器を準備した」と供述している...
URL 2007/05/28(Mon)19:04:36
≪  149  148  147  146  145  144  143  142  141  140  139  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
(12/14)
(01/02)
おひさです(返信済)
(08/05)
(03/27)
無題(返信済)
(12/08)
無題(返信済)
(12/10)
(11/11)
(11/11)
(10/24)
(10/21)
カウンター
忍者ブログ [PR]