忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
赤ちゃん 出生体重、戦前を下回る 母体の痩せすぎ、喫煙が影響

減り続ける赤ちゃんの出生体重が、戦前の水準さえ下回ったことが26日までに分かった。
先進国で減っているのは日本だけ。要因は女性の痩せ志向で、喫煙やストレスなども絡む。
胎児期に発育が抑制されると、生活習慣病の危険が増すという。
専門医は女性の健康確保や胎児からのメタボ対策など、個人に加え社会全体の取り組みを訴える。

厚生労働省は昭和35年から10年ごとに行う乳幼児身体発育調査で、最新の平成12年調査結果を翌秋発表した際、
平均出生体重の減少について、「前回(平成2年)と比べやや減少」などと危機感を示さなかった。
この時の平均は男児3040グラム、女児2960グラム
最高だった昭和55年の3230グラム、3160グラムから20年で約200グラムも減り、昭和35年平均も下回っていた。

しかし、最近になって板橋さんが戦前の記録を調べ直したところ、
昭和15~17年平均(3050グラム、2970グラム)さえ下回っていることが分かったのだ。

「成人の体格が大きくなっている先進国では出生体重も増加しており、減っているのは日本だけ。
海外の研究者も驚きをもって注目している」と板橋さん。

日本の出産適齢女性の平均身長も昭和22年の20歳で150.4センチ、26~30歳で149.44センチから、
平成17年は20歳158.3センチ、26~29歳158.5センチと8~9センチも大きくなっている。

にもかかわらず新生児が小柄化した背景には、過度の痩せ志向がある。厚労省の国民栄養調査で
同世代女性のBMI(肥満指数)平均は「ふつう」(18.5以上25.0未満)の範囲ながら、
昭和22年の22.4と22.0が平成17年に21.1、20.4まで下がっている。



痩せ志向はこういうことろにもつながってくるのですね。
栄養がしっかりしているように見えるのに、出生体重は減っている。
……飽食の時代にあって、人が食べるものをより自由に選べるようになったことが原因なのかもしれません。

他人の言うことを聞かない子供が目立ってきたのもこのあたりからつながっているような気がします。


ちなみに今日11/27は「あめゆ汁の日(=宮沢トシの命日)」。最近プッシュもしてないので私以外には忘れられています。
PR
≪  311  310  309  308  307  306  305  304  303  302  301  ≫
HOME
Comment
無題
>「賢治や」の日
そうでもないですよ
れび 2008/11/29(Sat)18:10:41 編集
あめゆ汁の日
お久しぶりです。

覚えてくださっていたとは嬉しいです。
Soic Hiro @来月初ボーナス 2008/11/29(Sat)22:26:30 編集
無題
>名前欄
いつのまにか働き始めてたんですね。
私も来年度から関東で就職することになったので
来る機会があれば声をかけて貰えたら案内とかできます。
れび 2008/12/01(Mon)16:02:41 編集
いつのまにかね
就職おめでとうございます。

関東に行く機会があれば何かお世話になるかもしれませんね。そのときはよろしくお願いします。


一応今は、みかんで有名な某県の県庁所在地にいます。……あれっ?
Soic Hiro 2008/12/01(Mon)20:33:26 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  311  310  309  308  307  306  305  304  303  302  301  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
(12/14)
(01/02)
おひさです(返信済)
(08/05)
(03/27)
無題(返信済)
(12/08)
無題(返信済)
(12/10)
(11/11)
(11/11)
(10/24)
(10/21)
カウンター
忍者ブログ [PR]