忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
子供が泣く!平城遷都祭キャラ、市民グループが独自公募へ

平成22(2010)年に開催される平城遷都1300年祭のマスコットキャラクターに対し、地元のデザイナーらでつくる市民グループが反発し、
近く、独自キャラクターの公募に乗り出すことが11日、分かった。JR奈良駅前(奈良市)の商店街振興組合なども、
新キャラクターへの“相乗り”をさっそく決定。異論を呼ぶオリジナルのマスコットに対し、ついに市民が「ノー」を突き付けた格好で、
今後もこうした“包囲網”は広がりそうだ。

独自公募に乗り出すのは、奈良県内のデザイナーやライターら約20人でつくる「クリエイターズ会議・大和」。
県などで組織する同祭の事業協会が、公募もせずにキャラクターを決めたことに強く反発しており、市民の手で公募することを決めたという。

田中功事務局長は「キャラクターはみんなのものなのに、協会の説明では、遷都1300年との結びつきも理解できない。
奈良というだけで白毫(びゃくごう)やシカの角を付けたデザインにも違和感を覚える」と批判する。

協会はオリジナルキャラクターの愛称発表を15日に予定しているが、同グループは、
同日にもホームページ(HP)を立ち上げ、ネットや郵送などで公募を始める方針。HPは英語版も予定しており、海外からの応募も歓迎する。

こうした計画に、地元ではさっそく歓迎する動きが広がっている。

JR奈良駅前の商店街振興組合・三条通ショッピングモール(組合員数約80人)は、9日に役員会を開き、
新キャラクターが公募で決まれば採用し、加盟店舗などにポスターなども張る方針を確認した。

新堂順規理事長は「今のキャラクターでは子供が泣き出しかねず、ポスターを店先に張るわけにはいかない。
もはや民間の手で独自に作り出すしかないのでは」と話す。

また、オリジナルキャラクターのポスターの境内掲示拒否を表明した地元寺院の親睦団体「南都二六会」の
橋本純信・十輪院住職も「仏様の冒涜にあたらないようなキャラクターであれば、歓迎したい」と賛意をみせる。

一方、事業協会は「デザインを変えるつもりはない」としており、15日に愛称を発表して、“強行突破”する構えだ。


こ、これは……。。。
デザインを変えたほうがいい、とは思いますが、まさか話がここまで広がるとは。
ただ、15日に発表されるという愛称も見てみたいとは思います。

平城遷都1300年祭も、こんな形でPRになるとは考えてもいなかったでしょうね。
PR
≪  256  255  254  253  252  251  250  249  248  247  246  ≫
HOME
Comment
きっと
あのキャラはジジイとヲッサンだけで考えなしに発注して決めたにちがいない。利権だけ考えて仕事する世代の人たちがやりそうなことですな。

彦にゃんみたいな可愛い対抗キャラが出てきたらさらに楽しくなりますね(笑)
無頼庵 URL 2008/04/13(Sun)20:13:37 編集
利権とか
最近の癒し系ブームのこととか、分からなかったのでしょうかね。
まあ対抗キャラなんかが出てくると、もっと話題になって1300年祭としては盛り上がるのでは?
Soic@携帯 2008/04/14(Mon)19:12:35 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  256  255  254  253  252  251  250  249  248  247  246  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
(12/14)
(01/02)
おひさです(返信済)
(08/05)
(03/27)
無題(返信済)
(12/08)
無題(返信済)
(12/10)
(11/11)
(11/11)
(10/24)
(10/21)
カウンター
忍者ブログ [PR]