忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT

オレ竜、山井&岩瀬で完全リレー

非情の交代でオレ竜が頂点に立った。
中日が日本ハムに1-0で勝って4連勝を飾り、53年ぶりの日本一に輝いた。
1-0で迎えた9回、パーフェクトで抑えていた先発山井から守護神岩瀬にスイッチし、
初の日本シリーズ完全試合で逃げ切った。

2004、06年と2度日本シリーズに敗れた落合監督は、個人記録よりも勝利に徹する采配で悲願を達成した。
リーグ優勝を逃したチームの日本シリーズ制覇は史上初になる。


最後は究極のオレ流采配だった。
9回、完全ペースの先発山井を交代させ、守護神岩瀬をマウンドに送った。まさかの交代劇にスタンドはざわめいた。
8回表終了のベンチ。山井は森バッテリーチーフコーチから「体力、握力はどうや?」と状態を聞かれた。
29歳は、その瞬間に理解した。「個人の記録は、この試合に関して全然関係ない。
最後は岩瀬さんに投げてほしかった。僕の方から『代わります』と言った」。

落合監督も「幸か不幸か、山井がもういっぱいだと言うので代える分には抵抗はありませんでした。
指にマメもできていた」と言った。山井の直訴を受けた格好だが、投げたい気持ちは分かっていた。
だが、記録ではなく日本一のために戦ってきた。9回、迷うことなくベンチを出た。
ファンのコールにも流されずリレーを決断した。シリーズ史上初の完全試合という最高の幕切れだ。

苦い経験があった。04年の西武との日本シリーズ第3戦。2点リードした7回に2番手の岡本がピンチを迎え、
マウンドに向かった。「代わるか」と問いかけると「いけます」の返事。
交代予定を変更し、カブレラに満塁本塁打を喫して逆転負け。
この1敗が響いて3勝4敗で日本一を逃した。勝負に情は禁物だった。

「オレはな、職人なんだよ。野球を突きつめたいんだ。オレは記憶に残りたいなんて思わない。
オレたちはプロなんだぜ。結果がすべてだろ。優勝回数が一番多い監督が、一番すごい監督なんだ!」

ひたすら勝つためにすべての感情をぐっとこらえてきた。この日の山井交代のシーンが象徴的だった。

選手たちの手で4度、宙に舞った。職人が自分に激情を許すほんのわずかな瞬間。
笑うことも、泣くことも、我慢しなくてよかった。「まだペナントに勝って連覇という課題が残っている」。
球団史上初のリーグ連覇を目標に掲げたが、抑えてきた感情の分だけあふれる涙は熱かった。



山井投手の心情を思うと、素直に喜べないのですが。


楽天の野村監督が報道ステーションで「あんなことをするのは落合だけだ」と
ぼやいていたのが強烈に印象に残っていますが、「勝利が全て」といえば、それまで……。

そして、これで一躍時の人となった山井ですが、実はプロ通算勝利は20足らず。
まだ29歳なだけに、これに絶望することなく今後活躍して欲しいとは思います。




>優勝回数が一番多い監督が、一番すごい監督なんだ!

……ジャイアン(@ドラえもん)か。
PR
≪  210  209  208  207  206  205  204  203  202  201  200  ≫
HOME
Comment
無題
日本シリーズは中日が制しましたが、気迫の投手戦でしたね。53年ぶり優勝おめでとう。
ダルビッシュもがんばりましたね。
としき URL 2007/11/02(Fri)22:05:33 編集
投手次第。
確かに、今回のシリーズは投手の出来が
勝敗を左右したように思います。

ダルビッシュの好投が報われなかったのは正直残念です。
Soic Hiro 2007/11/03(Sat)15:59:52 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
年棒400万円の男。
11月1日、ナゴヤドームは歓喜の波に揺れた。日本シリーズに王手をかけた中日、そして背水の陣で迎え撃つ日本ハム、この一戦はプロ野球の歴史に残る見事な投手戦となった。負けられない日本ハムは第一戦で気迫のピッチングを見せたダルビッシュ。彼に対し中日打線は沈黙を余儀
URL 2007/11/02(Fri)22:26:43
≪  210  209  208  207  206  205  204  203  202  201  200  ≫
HOME
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]