忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT

マイクロソフトは7月11日、「Internet Explorer 7 beta3」の日本語版を公開した。

6月29日に公開された英語版を日本語化した。
マウスドラッグでタブの順番が並べ替えられる機能を追加するなど
操作性を向上させたほか、RSSを一括更新する機能を追加した。

6月までに公開されたセキュリティパッチも適用されている。

記事


というわけで、私もさっそくダウンロードして使ってみることにしました。

今までは「Internet Explorer 7 beta2」というブラウザを使っていたのですが、
私の使っている範囲でひとつ大きな不具合がありまして。
下の囲みに書いてあるような不具合でした。



IE7での管理画面の不具合について


SHINOBI.JP カスタマーサポートです。

平素はSHINOBI.JPをご利用頂き、誠に有難う御座います。
この度は、弊社提供の忍者アクセス解析の不具合に関するご報告
誠にありがとう御座いました。

お客様の御問い合わせ頂きました通り、IE7にてアクセス解析を閲覧する際に、
左メニュー部分が『false』と表示される点をご利用のお客様よりご報告頂いております。
こちらの不具合に関しましては、弊社アクセス解析が
IE7に対応出来ていないために発生しており、
該当ブラウザをご利用のお客様には大変ご迷惑をお掛け致しております。
こちらの不具合に関しましては、弊社開発部にご報告させて頂き、
早期段階での対応をご検討させて頂く所存で御座います。



これが直ってるよーー!!

恥ずかしながら、このblogにも掲示板にもアクセス解析を仕込んでいるのですが、
『false』のせいで解析結果の画面を見るのが不自由に思っていました。
beta2で起こっていたこの不具合、beta3で見事に直っていて嬉しいです。
PR
≪  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  2  ≫
HOME
Comment
これも大事になりますよ
パソコンがスパイウェアに感染すると、すべてのキー ストローク、ウェブサイト、会話は、お使いのパソコンに密かにソフトウェアをインストールした人または会社によって記録や監視できることはご存知でしたか?スパイウェアおよびアドウェアの感染結果には、銀行取引や身分の盗用、パソコンの異常問題、インターネットの遅いアクセス、ブラウザホームページ、検索ページまたはお気に入りの変更、およびアドウェアによって生成される過度の広告が含まれます。

アンチ ウイルス ソフトウェアやファイア ウォールは、大部分のスパイウェアやプライバシーの脅威からあなたのシステムを完全に保護しません。スパイウェアは、一般に、ソフトウェアのダウンロードにバンドルされているか、電子メールに添付またはネットワークを通して送信されるため、正当なソフトウエアに思われがちです。しかし、いったんインストールされると Spyware Doctor のようなスパイウェア専用駆除ツールの力がなくては、検出し駆除するのはほとんど不可能となります。

クレジットカードや銀行取引の詳細内容、プライベートの電子メールや文書、ショッピングや閲覧の習慣など、お使いのパソコンに保存された機密の貴重な個人情報量を考えた時、パソコン活動を詮索するソフトウェアの侵入が存在するリスクは明らかです。盗み見や仮想侵害者からあなたのプライバシーとコンピュータ使用時の習慣を守るために、スパイウェア保護機能はあなたの保護に欠くことのできない一部となるはずです。Spyware Doctor をダウンロードし、パソコンを今すぐチェックしてください。
dicaprin 2006/07/13(Thu)03:04:50 編集
無題
http://www.pctools.com/jp/spyware-doctor/

Spyware Doctor 4.0

無料版でテストしてみましたら、出るは出るは・・・、スパムファイル。

ノートンでも解決できていなかったのです。
今までノートンだけで十分と思っていました。jpeg画像にもスパイウエアが仕込んでありました。
なんか、最近パソが遅いよね~
とか思っていましたら、パソの内部情報が流れ出ていたのです。
幸い貴重な情報は無いので大丈夫でした。
みんなノートン使っているのに、個人情報が流出するのはナゼか分かりますよ。

無料チェックソフトなのでオススメ!
dicaprin 2006/07/13(Thu)03:11:15 編集
スパイウェア…
へぇ、そういうソフトもあるのですね。
ウイルスバスターを使っているのでスパイウェアは大丈夫かなと思っているのですが…
今度試してみますね。
Soic Hiro URL 2006/07/13(Thu)22:56:26 編集
σ(^_^)の場合
ノートンはいつもライブアップデートをして最新の状態に保っていました。
ところが、検索サイトで浮上したホームページにアクセスしたところ、トロイのウイルスに感染しました。
ノートンで検知し、即刻検疫してくれたのですが、異様にパソが遅くなり、変な広告が出てくるようになりました。
ノートンヘルプサイトにアクセスして手動修復を試みましたが、ダメ。
Spywareというプログラムを仕込まれたのです。
IEを開くとギャンブルサイトが開いたり、ノートンの警告が多発したり、ほとほと困っていました。
マイクロソフトで解決策を調べたところ、jマイクロソフト推薦の無料検知ソフトが3つほど出てきました。
それで、一番評判が高かったのが、このスパイウエア検知ソフトです。
まさかねえ・・と思い、このソフトでハード内部を検索しましたら、過去のものを含め、いつの間にか280ものスパイウエアが入り込んでいました。
多分、Yahoo他検索サイトで、調べ歩いた結果だと思います。
ノートンが最新状態でも削除できなかったことが判明。

アンチ ウイルス ソフトウェアやファイア ウォールは、大部分のスパイウェアやプライバシーの脅威からあなたのシステムを完全に保護しません。スパイウェアは、一般に、ソフトウェアのダウンロードにバンドルされているか、電子メールに添付またはネットワークを通して送信されるため、正当なソフトウエアに思われがちです。しかし、いったんインストールされると Spyware Doctor のようなスパイウェア専用駆除ツールの力がなくては、検出し駆除するのはほとんど不可能となります。

これを、実感させられました。


でも、検疫には有料購入が必要であり、ためらいましたが、数千円で解決出来るなら、パソ店に持ち込むよりは良いかなと思い、騙されたつもりで、購入し、使いました。

・・・で

結果オーライです!!
全ての悪質ウエアが消え去りました。

このソフトを買えとは言いませんが、一度、無料版で自分のパソが感染しているのか否かを調べるのは意義があると思います。

今現在、嘘のようにサクサク動いています。だから、こんな長文も書けるのです。

とにかくマイクロソフトで色々な優秀なソフトを調べてみるのは新しい発見にも繋がります。

Internet Explorer 7 beta3も試してみようかな・・・バンドル版でしょうか?

dicaprin 2006/07/14(Fri)00:32:30 編集
Internet Explorer 7 beta3
http://www.microsoft.com/japan/windows/ie/default.mspx のサイトからダウンロードできます。

ノートンでスパイウェアの感染を防げなかったんですか…。そう思うとノートンは危険な気がしますね。
Soic Hiro URL 2006/07/14(Fri)21:19:24 編集
多分対策不足
ノートンは、ウイルスバスターよりは、使い心地が良いのですけど、また、特定ウイルスの対しては、検疫能力は高いのですけど。
最近、顧客個人情報の流出というニュースが、目立ちますよね?
企業サイトが、ノートンを使っていないはずはないと思うの。
セキュリテイソフト各社の、対策と危険予測データーが、日々進化しているウイルスやスパイウエアに何処まで、追いついているのか?
そこが、要だと思います。
恐らく、把握出来ていない、ウイルスや把握出来ていないスパイウエアがあるため、対策不足になるのだと思います。
σ(^_^)の知人も、ノートンだけではダメと言っていました。
二重三重にセキュリテイ対策を講じないと安心出来ないと言っていました。
今回の事件で、痛感させられました。
dicaprin 2006/07/15(Sat)09:01:55 編集
未知のサイトを訪問するときは
IEセキュリテイの設定変更が無難です。
セキュリテイレベル→最高
プライバシーレベル→最高

以上の設定で、アクテイブXやJAVAなどからの感染は防げます。
但し、FLASHで作成されたサイトやJAVA多用のサイト、動画・音声はアクセスしてもコンテンツが表示されませんし、ダウンロードも出来ません。
最近、話題になっているのは、映像の表示でexeが指示されるものや、特殊Codecをダウンロードさせようとするものが、ほぼ何らかのスパイウエアを仕込まれているという事。
exeは危険なのは超初心者でない限り、誰もがご存じのはず。
ですが、どうしても見たい映像があれば、危ないかな?危なくないかな?という恐る恐るの気持ちでClickすると思います。即、感染は間違いなしです。
ダウンロードデーターの作りも巧妙で、マイクロソフト社を語ったり、いかにも大丈夫なように大手企業ロゴを語ったり。
さて、ダウンロードされてしまうと、癌細胞のように大事なデーターへ食い込んできます。削除しようにも、起動データーなどを書き換えられてしまうため、プログラムが読める者以外は、手作業で書き戻すことは無理。
レジストリも強制変更されますので、それらしきスパイウエアを削除するだけでは、だめ。
削除しても削除しても、正規のプログラムと誤認して、ウインドウズが自動修復を行いますので、どうしょうも無いのです。

だったら、以前の状態に戻すというアクセサリーを使えば良いと思われますが、この手のスパイウエアは過去の状態に戻すコマンドを妨害します。つまり、以前の状態に戻れなくなるのです。

ここまで来ると、パソショップへ出向くしか、有りません。

今回、良かったのは、ノートンの御陰で、起動不可能という最悪の状態は免れた事。
そのため、マイクロソフト社へアクセス出来、Spyware Doctor 4.0のことを知り、それが使えたこと。

Spyware Doctor 4.0を購入して使った感じですけど、ほぼ毎日のように最新データーが送られてきます。購入から365日間自動更新されます。365日経過後も、契約破棄するまでは、自動的に対策データーが送られて来ます(ノートンは毎年継続申し込みが必要)。
稼働状況ですが、ノートンとの干渉は有りませんでした、別個に動いています。
ノートンで検知出来なくて、Spyware Doctor 4.0で検知されるサイトの多い事、多い事・・・。
どこから来たのか、どういうプロバイダーを使っているのか、クッキーには何が残っているのか、など、調べるサイト。
これが、ほぼ引っかかります。
ノートンはクッキー流出には防御が薄いようです(批判ではありません)。

また、なにか有りましたら、追記致します。
dicaprin 2006/07/15(Sat)09:33:10 編集
セキュリティ対策
詳しい情報、ありがとうございます。
セキュリティ対策については、まだまだやることが多いということでしょうか。

感染と対策、いたちごっこのような繰り返しの中では完全と言うことはないように思えますね。
Soic Hiro URL 2006/07/15(Sat)16:42:46 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  2  ≫
HOME
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]