忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT

枯れ葉剤被害のベトさん死去=分離手術受けた病院で-ベトナム

ベトナム戦争中に米軍が散布した枯れ葉剤の被害者とされる結合双生児「ベトちゃん、ドクちゃん」のうち、
重い脳障害で寝たきりの生活を送っていた兄グエン・ベトさんが6日午前1時(日本時間同3時)ごろ、
ベトナム南部ホーチミンのツーズー病院で死去した。

午後に遺体を解剖するが、死因は腎不全と肺炎とみられる。26歳だった。

1981年2月、同国中部ザライ省で弟のドクさんと下半身がつながった状態で生まれた。
82年からツーズー病院に移ったが、86年に病気が重くなり、東京都内の病院で治療を受けた。
重い脳障害となったことから88年10月、ツーズー病院で分離手術を受けた。

弟のドクさんは同病院で働く傍ら、2006年12月に結婚したが、ベトさんは病院で生活していた。
今年5月に肺炎を患い、腹部からも出血し、一時は重体となっていた。


これも生まれた当初はかなり話題になって、今も「枯れ葉剤の被害」といえばこの人、という
典型的な例というか、代表というか。そんな捉え方をされていました。

以前記事にしましたが、ドクさんは結婚してるんですね。
でも、ベトさんのほうは、ずっとずっと重い障害に苦しんでいました。

映像でも時々見たのですが、ここまで生きて来れて本人にとってはどのような気持ちだったのでしょう?
片足を失いながらも幸せを手に入れた弟。比べて一生を寝たきりで過ごすことになった兄。


彼にとって26年は、長い期間だったと思います。
そしてドクさんにはベトさんの分まで幸せになって欲しいと思います。
PR
≪  201  200  199  198  197  196  195  194  193  192  191  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  201  200  199  198  197  196  195  194  193  192  191  ≫
HOME
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]