忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
薬効かない結核、集団感染=08年末以降10人、国内初―佐賀県
佐賀県は15日、従来の薬による治療が極めて困難な「超多剤耐性」(XDR)結核の集団感染が確認されたと発表した。
2008年12月以降、佐賀市周辺の民間医療機関を中心に患者5人、未発症の感染者5人が確認されたが、重篤な症例はなく、
これ以上の感染拡大はないとみている。県健康増進課は「XDRの集団感染は厚生労働省にも報告例がなく、全国初めてとみられる」
としている。

県によると、XDR結核だった50代男性患者が通院していた民間医療機関の40代女性スタッフが結核を発症し、
08年12月XDRと確認された。この後、女性の同僚や家族ら接触者221人のうち、今月12日までに1人がXDRで入院、
2人に早期の病巣が見つかった。このほか、未発症の感染者も5人いた。男性患者と女性スタッフは既に完治しているという。


これで重篤な症例になったらと思うと恐ろしくなります。

XDR結核についてちょっと調べてみると、次のようなサイトに出会いました。

http://medical-today.seesaa.net/article/30239313.html
前結核研究所長の森亨・国立感染症研究所ハンセン病研究センター長によると、

(XDR結核は)自然に発生したものではなく、人為的にできた疾病。結核の治療期間は最短で6ヶ月間を要するが、
薬を服用し始めて2週間ほどで症状が消え、仕事ができるほどになるため、途中で薬をやめてしまう患者が続出する。
結核菌が耐性をもつようになるのは、治療の中断が主な原因になっている

MDR(多剤耐性)結核患者のうち7割は治癒可能だという。残りの3割が手の施しようのないXDR結核で、日本全体で500人くらいいる
XDR結核に対する抗結核薬はまだ開発されておらず、今のところ化学療法を導入する前の自然治癒に頼る以外になく、
運がよければ自然治癒で治るが、そうでなければ平均5年で全員死亡するといわれている。


だそうです。佐賀県だからというわけではなく、どの地域でも起こりうるので頭の隅には置いておきたいものです。
PR
≪  494  493  492  491  490  489  488  487  486  485  484  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  494  493  492  491  490  489  488  487  486  485  484  ≫
HOME
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]